2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Sの成果

ひとりっ子で、何か行動を起こすことがあまりできませんでした。
宿題を目の前にして「こんなにいっぱい終わるわけがない。イヤだ。やりたくない。こんなに宿題があったら休みの意味がない。」 宿題に限らず、イヤな事、苦手な事に対してはスムーズに取り組む事ができませんでした。
ティーンズコースを受けてから、「なんでもまずやってみる!」になりました。
悩んでいる時間がもったいない、と気づいたようです。
ティーンズコース最終日、帰宅した娘が目をキラキラさせて、「ママ、参加してよかった!」と言った娘。
娘が3日間で感じ得た出来事を私自身が確かめたいので、私もコースに参加することにしました。

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Iの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
私自身は7年前にコースに参加をしました。娘は、家と学校の生活では知り合えなかった方たちとの出会いがあったので新しい発見や興味がたくさんあったようです。これからもどんどん新しい発見を …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Mの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
14才の息子が参加しました。コースを受ける前は親は子どもの変化をだまって見守っていけばいい、と思っていましたが、やはり子どもの気持ちを聞いて思いを聞いてあげられることが大事だと感じ …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Sの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
中2の息子が参加しました。反抗期の真っ只中でした。コースのあと、彼は私に対して感謝の気持ちを表現するようになり、「ありがとう」というようになりました。私は彼の気持ちがわかるので以前 …