2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Sの成果

ひとりっ子で、何か行動を起こすことがあまりできませんでした。
宿題を目の前にして「こんなにいっぱい終わるわけがない。イヤだ。やりたくない。こんなに宿題があったら休みの意味がない。」 宿題に限らず、イヤな事、苦手な事に対してはスムーズに取り組む事ができませんでした。
ティーンズコースを受けてから、「なんでもまずやってみる!」になりました。
悩んでいる時間がもったいない、と気づいたようです。
ティーンズコース最終日、帰宅した娘が目をキラキラさせて、「ママ、参加してよかった!」と言った娘。
娘が3日間で感じ得た出来事を私自身が確かめたいので、私もコースに参加することにしました。

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Yの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
娘の「可能性の宣言」を聞いて胸が熱くなりました。すぐには成果はみえませんが、彼女の中にコースでの体験が強く残っていると思います。 …
no image 2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

Y.Pの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
仲の良い母娘であると思っていましたが、それでもお互いに踏み込まない、踏み込めない領域があることにも気づいていました。娘は「素直である」可能性をつくっていました。コース後はお互いに踏 …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

H.Fの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
娘がコースに参加したことで、娘の色々な可能性を私が発見できました。3日間おわって、私が望んでいた成果がみられないことに悩んだこともありましたが、ボランティアのみなさんにサポートをも …