2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Mの成果

14才の息子が参加しました。コースを受ける前は親は子どもの変化をだまって見守っていけばいい、と思っていましたが、やはり子どもの気持ちを聞いて思いを聞いてあげられることが大事だと感じました。
コミュニケーションを家族でとる時間をつくることが父親の役目だと思っています

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

S.Tの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
長男がコースに参加しました。親子で以前より深い話ができすようになりました。これからもっと本音で何でも話し合えるな、と思っています。 …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

N.Wの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
子どもが守るべき小さな存在から、夫とともに息子は私の人生のパートナーになりました。子どもに助けてもらってもよい、と思えました。これからも一緒に可能性をつくっていきます。子どもが自分 …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Iの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
私自身は7年前にコースに参加をしました。娘は、家と学校の生活では知り合えなかった方たちとの出会いがあったので新しい発見や興味がたくさんあったようです。これからもどんどん新しい発見を …