2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Mの成果

14才の息子が参加しました。コースを受ける前は親は子どもの変化をだまって見守っていけばいい、と思っていましたが、やはり子どもの気持ちを聞いて思いを聞いてあげられることが大事だと感じました。
コミュニケーションを家族でとる時間をつくることが父親の役目だと思っています

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

S.Tの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
娘がこのコースを終え、自分と向き合い、感じ、自分を表現する勇気をもった彼女の姿をみて、私も自分を飾らず表現して人と接することができるという成果を得ました。そしてそれにより、人との距 …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

H.Aの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
兄のすすめで17才の末の息子が参加をしました。もともと楽天的で、友達とも学校の先生とも仲よくうまくやっている子でしたので、特に何も心配もしていませんでした。息子はティーンズコースに …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Sの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
中2の息子が参加しました。反抗期の真っ只中でした。コースのあと、彼は私に対して感謝の気持ちを表現するようになり、「ありがとう」というようになりました。私は彼の気持ちがわかるので以前 …