2018年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース参加者の成果

K.K 13才の成果

自分がティーンズコースに参加して得た成果は、プレッシャーに強くなったことです。
プレッシャーは、勝手に自分が解釈したことだということがわかり、実際にプレッシャーなんていうものは起きていないということに気づきました。
部活で気持ちがとても楽になりました。
また、自分が取り組んでいる分野においての可能性を発明することができたので、これからの生活でもあり方可能性の成果を大事にしていきたいです。

RELATED POST
2018年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース参加者の成果

K.K 19才の成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
自分はティーンズコースに参加する前は、大勢の前で発言することが苦手でした。自分は発表している時に、見ている人が自分のことをどう思っているかが気になって不安になっていました。しかしこ …
2018年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース参加者の成果

M.W 16才の成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
このコースを受けて、兄と仲良くなりました。コースを受ける前まで兄とはあまり話さなく、話しをしても嫌みばかりでてきました。でもこのコースを受けて、兄に気持ちを伝えたら兄は話しを聞いて …
2018年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース参加者の成果

F.S 15才の成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
10代といっても様々な10代がいて、その人達と3日間コミュニケーションをとることでたくさんのことが聞けたし、いくつか自分のものにしてみたりと、人とのコミュニケーションの楽しさ、おも …