2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

N.Sの成果

中学3年になる長男がティーンズコースに参加しました。受ける前まではなりたい夢があるのにそれに向けて行動しない、下の妹弟にすぐ手をあげる、家の手伝いもほとんどしない長男でした。1日目終了して「おもしろかった!」と元気に家に帰ってきて「今日手を挙げて発言したよ!」と報告してくれました。下の子たちにちょっかいを出されても軽くいなすようになっていました。最終日には、自分から進んで家の手伝いをするようになり、以前より穏やかになった気がします。自分の夢に向かって今何をすればよいかがはっきりして行動を起こすようになりました。今回、コースを通して長男は本当にコミュニケーションが豊かで臆することなく人と接することができる人なのだと再度発見することができて本当に良かったです。ありがとうございました。

RELATED POST
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Kの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
子どもそれぞれ個性がある。子どもにも考えがある。いろいろな思いがある。ということを忘れていることに気づかされました。コースを受ける前は、この年齢なのだからこの位のことはできるだろう …
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Mの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
コースを受ける前は、リビングでもあまり会話がなく、どのようなことを考えているのか、何をしているのかわからない関係でした。コースの中で宣言したい人と声がかかると、さっと手を挙げ可能性 …
no image 2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

E.Uの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
子どもとの関係において親であるということを利用して自分の考えや思いを押し付けていたんだということに気づきました。14才の娘は一人の人間であり親の所有物ではないということを改めて発見 …