2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

J.Sの成果

子どもがティーンズコースに参加したことで「家族がありのままでいられること。ただ存在していること」に最高の喜びと幸福感を得ました。コースを受ける前の息子は、ほとんど反抗期がなく親に対しても良い子でした。ですがコースが終わってから今日までの1週間、友達とは元気に楽しそうにコミュニケーションをとっているものの、家では不機嫌な状態が続きました。最初は「なぜ機嫌が悪いのか」と思いましたが、これまで親の顔色を見て親の機嫌に合わせていたのではないかと気が付きました。機嫌が悪いといっても、しっかり会話もするし家族関係が悪いというわけではありません。本当に自然な状態で子どもを一人の人間として力強い存在感を感じました。そしてごく自然でありのままでただ一緒にいられる家族に心からの幸せを感じました。

RELATED POST
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

S.Mの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
娘は自己承認が低く、少しできないことや思った通りにならないことがあると自分はダメだ、と自分の存在を否定するところがありました。コースに参加して自分は愛するに値する人であると思うこと …
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Mの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
コースを受ける前は、リビングでもあまり会話がなく、どのようなことを考えているのか、何をしているのかわからない関係でした。コースの中で宣言したい人と声がかかると、さっと手を挙げ可能性 …
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

C.Mの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
私の長女がティーンズコースに参加して得た成果は、娘が自分の人生を考えて自分から塾の時間を延ばしてほしいと言ってきたことです。また、人前で発表することなど考えられなかった娘が発表して …