コース実施風景

2017年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース参加者の成果

参加者がつくりだしている成果

K.O 18才の成果

普段から自分がどれだけいい恰好しいをしてやりたい事を制限していたかがわかりました。
コースを受けた後は、やりたい事に熱を注げるようになりました。
プロの競技者として違いをつくることができそうです。
走ることもそうですが、周りの環境、両親、チーム、サポーター、スポンサーの方々にも今までよりオープンにコミュニケーションをとることができるようになり、今まで以上に目標に向かって進んでいきます!

W.Y 18才の成果

「コースに参加しないか?」と父に言われて参加することにしましたが、コースが始まる前は、「別に現状に不満ないし、参加しなくてもいいなー」と思っていました。
コースに参加してみたら、自分には対人関係での悩みや不満があったし、それがなくなりました。家族、友人と今までとは違って素の自分で話せて自分に自信を持つことが出来ました。
人と話す時はしっかりと自分を表現でき、知らない人とでも話すことが楽しくなりました。
家族との関係もラインとかではなく直接伝えることが多くなって、そっちのほうがむしろ楽しいと思えるようになりました。 参加して良かったです。

R.M 17才の成果

私がこのコースを受けての成果は、勉強に集中できるようになったこと、友だちとの関係が深くなったことです。
一番うれしかったことは、中学時代の友達とまた会えるようになったことです。
高校に入ってからはなんとなく疎遠になっていた友達とまた会うことができるようになったのは、このコースを受けていなければなかったと思います。
私は第一志望の大学に合格することを目標なので、このコースで得たものをいかして合格したいです!

A.Y 13才の成果

私がティーンズコースに参加して得た成果は、担任の先生に感謝の気持ちとかを伝えられたことです。
あとティーンズコースを受ける前よりは、勇気をもって行動できるようになったことです。

K.N 17才の成果

私が得た成果は、無意識のうちにできなかったことができているということです。
人に話しかけるのが恐かった私は、話しかけたくても「どーしよ」と考えているうちに相手がどこかへ行ってしまった、ということばかりでした。
しかし、行動が大切だとわかった今、自然と体が動くようになりました。心と頭ではなく、心と体が一体化した気がします。気づかないうちにやっていることが多いので、きっともっとたくさんの成果があるはずですが、「意識しないでできる」というのが一番の大きな成果です。

K.W 13才の成果

私がコースを受けて得た成果は、友達・家族と今まで以上に仲良くなれて、今まで気づけなかったことに気づけたことです。
学校の友達と今まで以上に仲良くなれた理由は、自分の思ったことをちゃんと伝えられたからです。いつもは自分の思ったことを伝えられなくて、いいかっこしていて自分の中でモヤモヤしていることが多かったです。でも言ったら絶対に変に思われてしまうと勝手に思っていました。
でもこのコースをやって、思ったことをちゃんと伝えられることが増えてよかったです。

F.W 19才の成果

今まで自分がフィルターを通して人の話を聞いていることに気づきました。
そのフィルターは、自分の知りたいこと、聞きたいことだけを聞かせるものでした。私はずっと自分で自分のあらゆる選択肢をつぶしていました。
このコースを受けたことで、そのことを知り、自分が話を必要・不必要に選別することを防ぎ、広い視野を持つことができると思いました。

M.M 17才の成果

コースを受ける前も、自分の可能性にワクワクすることはたくさんあったけど、結局やらない、変われない自分にがっかりすることばかりでした。
でもこのコースに参加してからは行動を起こすことができて、それが自信につながってきました。
何か宣言をして、それが実行できなかったことを非難されるのが嫌で、なかなかなりたい自分を言葉にすることができなかったけど、言葉にすることがなりたい自分になる第一歩だと思って宣言してみたら、はじめて自分の行動を宣言に寄せることができました。
行動が自信につながることを意識して、これからやっていいきたいです。

M.A 16才の成果

父に誘われて妹と一緒にこのコースに参加をしました。
毎日妹と2人でその日にあったことを共感し合ったり、まとめたりしながら過ごしました。初日にくらべて、自分自身がどんどん積極的になっていったり、考え方が前向きになっていくことに気づきました。
コースを受けた後は、考え方が楽になって自分の悩みがほぼなくなりました。
家族に自分の思いを真剣に伝えることができて、家族の距離がもっと近くなったと思います。

M.I 18才の成果

このコースを受けて体感したことは、自分の思っていることを人に伝えることで心がすっきりすることと、人の話を聞くことで考え方の幅が広がるということです。
また、人の意見を受け入れることで新しい可能性が発見することができるし、人生がより充実していくと思いました。なので、たくさんの人とコミュニケーションをとろうと思いました。

子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Mの成果

・家族で会話が増えた。
・家族で過ごす時間が長くなった。
・娘たちが手伝いをすすんでしてくれるようになった。
・家族がより愛おしい。
・家事を楽しくやることにした!実際、楽しい!
・娘の演奏が前より表現豊かになった。

N.Mの成果

長女が参加をして、彼女が成長していたことがわかった。
他の参加者のこどもたちも成長していて、これからも成長していく分野を感じられたこと。そこから私自身もがんばって成長していこう、と思えたことが娘が参加したことで私が得た成果です。

S.Oの成果

・子供の目が輝いている。
・家族全員がコースを受けたので、コミュニケーションがスムーズになった。
・家族全員が素直になった。
・子供との会話から、自分がコースに参加した時のことが呼び起された。
 そのことにより私の仕事で人との関係がよくなった。

O.Sの成果

息子が参加しました。
息子に対する愛情がより一層増しました。彼との会話がより深くなり、楽しくて、話している時間が長くなりました。
息子が参加したことで、会社でパワフルに自分を表現できるようになるという成果が私にありました。

O.Oの成果

18才の長男がコースに参加しました。
彼の成果は、自信をつけてくれたことです。
コースを受ける前の彼は、自信も希望もないように見え、考え方も少しひねくれていました。コースもなかなかいくと言ってくれませんでしたが、多くの方のサポートをもらって参加が実現しました。
毎日コースに通う息子をみてとても嬉しく思いました。
本当にこのコースを受けさせて良かったです。ありがとうございました。

M.Mの成果

子どもがティーンズコースを受けて、子供には「自分の力」があるんだ!と
いうことが初めてわかりました。それまでは、教えてやらねば・・良くしてやらねば・・とやっていて、それが親の仕事だと思っていました。子どもの自己表現をおさえこんでいたと痛感しました。
子どもには子どもの考えがあることがわかりました。(頭ではわかっていましたが子どもの考えていることや思いをそのまま聞いて、一緒に考えてあげられるようになりました。
このことは、親である私の人生、仕事でも大変役立っています。

K.Mの成果

16才と14才の姉妹2人が参加しました。
夫が先にコースを受講し、夫の勧めで子どもが参加をしました。私自身はコースを受講していません。
子どもたちは最初はあまり気がすすまないようでしたが、1日目の夜から2人とも「けっこう楽しい!」と 
言っていて、3日目には2人とも自信に満ちた様子で親としてその姿はとても嬉しかったです。
夫とは顔を合わせるのすら嫌がっていた娘たちでしたが、コース後からとても話をするようになり、私がそのことにとても驚きました。
子どもたちはコースの前は何かをやる前から「無理、無理」が口ぐせになっていて、あきらめも早かったのですが、今は「私やってみる!」というようになりました。とても感激しています。
子の気持ちが続きますよう、母としてサポートしていけたらと思います。

M.Mの成果

娘がこのコースを終え、自分と向き合い、感じ、自分を表現する勇気をもった彼女の姿をみて、私も自分を飾らず表現して人と接することができるという成果を得ました。
そしてそれにより、人との距離が縮まった実感があります。
娘とも話す時間がとても増えました。娘と話すうちに、私が親、娘は子という固定観念がはがれていき、
ひと 対 ひとで子どもと接することができる、という成果を得られました。(とても大きな気づきです)

S.Tの成果

長男がコースに参加しました。親子で以前より深い話ができすようになりました。これからもっと本音で何でも話し合えるな、と思っています。

K.Wの成果

18才の娘が参加して、
・娘と素直に楽しく会話ができるようになった
・娘は自分の気持ちを言葉にするのを面倒くさがっていたが、表現するようになった
・うつむきがちでつまらなそうだった(クールともいえるが)けれど、家族といるときに顔が上を向いて楽しそう
何より彼女が素直に本音を話してくれるようになったのが嬉しいです!