2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

Y.Pの成果

仲の良い母娘であると思っていましたが、それでもお互いに踏み込まない、踏み込めない領域があることにも気づいていました。
娘は「素直である」可能性をつくっていました。
コース後はお互いに踏み込めない領域の前の壁を認識して、「素直」に話せるようになりました。遠慮や配慮も大事にしていますが、自由に素直に思っていることを言える自由さがあります。

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Iの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
私自身は7年前にコースに参加をしました。娘は、家と学校の生活では知り合えなかった方たちとの出会いがあったので新しい発見や興味がたくさんあったようです。これからもどんどん新しい発見を …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Sの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
ひとりっ子で、何か行動を起こすことがあまりできませんでした。宿題を目の前にして「こんなにいっぱい終わるわけがない。イヤだ。やりたくない。こんなに宿題があったら休みの意味がない。」  …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

S.Tの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
長男がコースに参加しました。親子で以前より深い話ができすようになりました。これからもっと本音で何でも話し合えるな、と思っています。 …