2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

Y.Pの成果

仲の良い母娘であると思っていましたが、それでもお互いに踏み込まない、踏み込めない領域があることにも気づいていました。
娘は「素直である」可能性をつくっていました。
コース後はお互いに踏み込めない領域の前の壁を認識して、「素直」に話せるようになりました。遠慮や配慮も大事にしていますが、自由に素直に思っていることを言える自由さがあります。

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

H.Aの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
兄のすすめで17才の末の息子が参加をしました。もともと楽天的で、友達とも学校の先生とも仲よくうまくやっている子でしたので、特に何も心配もしていませんでした。息子はティーンズコースに …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Sの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
ひとりっ子で、何か行動を起こすことがあまりできませんでした。宿題を目の前にして「こんなにいっぱい終わるわけがない。イヤだ。やりたくない。こんなに宿題があったら休みの意味がない。」  …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Yの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
娘がティーンズコースを受けたことで、私のほうに成果がありました。娘を、娘の人生を信頼して放っておけそうです。 先まわりをやめて、彼女のやりたい様にやらせます。自分の人生を自分の力で …