2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

Y.Pの成果

仲の良い母娘であると思っていましたが、それでもお互いに踏み込まない、踏み込めない領域があることにも気づいていました。
娘は「素直である」可能性をつくっていました。
コース後はお互いに踏み込めない領域の前の壁を認識して、「素直」に話せるようになりました。遠慮や配慮も大事にしていますが、自由に素直に思っていることを言える自由さがあります。

RELATED POST
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

T.Kの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
一生懸命にコースに参加している姿を見て、これまでも可愛いと思っていましたが、さらにもっと可愛いと思うようになりました!「もっとこうなってほしい」と思う部分ももちろんありますが、それ …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Sの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
ひとりっ子で、何か行動を起こすことがあまりできませんでした。宿題を目の前にして「こんなにいっぱい終わるわけがない。イヤだ。やりたくない。こんなに宿題があったら休みの意味がない。」  …
2017年8月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

N.Wの成果

2020年10月10日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
子どもが守るべき小さな存在から、夫とともに息子は私の人生のパートナーになりました。子どもに助けてもらってもよい、と思えました。これからも一緒に可能性をつくっていきます。子どもが自分 …