2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

K.Cの成果

13才の娘が参加しました。娘は自分から「嫌だ」と発信できず、ぐずって周囲に察してもらって嫌なことを避けるということを繰り返してきました。自分でやるといっても結局やらないことも多くありました。そんな娘が自分から「やりたくない」という意思を伝えながらも、自分で必要性を感じてコースをやり通したというのは一つの成果です。嫌なことをはっきり嫌と言えたというのは本人の自信につながったように思います。暴れたりものに当たったりするのではなく、自分の口でコミュニケーションできたことで、本人も気持ちの折り合いを付けられるようになりました。子ども自身が自分で決めて自分で行動する姿を見て、私も力づけられましたし、すべての子どもたちの持っている可能性に感動しました。そのことが自分の仕事で関わる子どもたちの見え方にも変化を与えてくれました。

RELATED POST
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

M.Hの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
息子の行動や態度にイライラしたり心配したりしていたが、それががなくなり、認めることができるようになった。そしてティーンズコースを受けた息子のとる行動に対して信用することができ、一人 …
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

J.Sの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
子どもがティーンズコースに参加したことで「家族がありのままでいられること。ただ存在していること」に最高の喜びと幸福感を得ました。コースを受ける前の息子は、ほとんど反抗期がなく親に対 …
2019年3月のブレークスルーテクノロジー、ティーンズコース 子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

E.Uの成果

2020年8月20日
ランドマークワールドワイド ファミリーサイト
子どもとの関係において親であるということを利用して自分の考えや思いを押し付けていたんだということに気づきました。14才の娘は一人の人間であり親の所有物ではないということを改めて発見 …