家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


福山家の成果

福山 佳代子 さんの 成果

私は、最初あまり乗り気ではではなかったのですが、母の強い勧めがありしかたなくコースに参加したという感じでした。その当時、私には2歳年上のボーイフレンドがいました。私は男性に対していつもどこかで、怖かった父を重ね合わせビクビクし、思っていることも言えず、本当に彼のことが好きかどうかも解らないという風でした。コースに参加をして、自分の気持ちに素直になることができて「彼のことが本当に好き」なんだという自分気づきました。それからは、家族にも紹介し何でも言える関係をつくることができました。

福山 敦子 さんの 成果

私のコースの成果は2年前に亡くなったパパの愛を手に入れたことです。コースの中で、親がどれくらい子供を愛しているかという話を聞いた時、私にはピンとこないという感じでした。それ以上に父が怖かった思い出の方が大きかったのです。しかしコースの後、部屋の整理をしていた時、パパからの誕生日の手紙が出てきました。その手紙を読み返しているうちに、涙がボロボロでて、止まらなくなりました。その時に気づいたのです。「パパは私の事を本当に愛してくれていたのだ」ということに。それからは、とても恐いと思っていたパパが「私を愛してくれていた大好きな父」になり私は幸せだと感じられるようになりました。そして家族全員がコースに参加をし、大切な家族を手に入れました。



福山 文子 さんの 成果

コース参加の2年前に主人が亡くなりました。その後はただひたすら2人の娘を一人前の社会人にする為に、毎日頑張って働いていたという私でした。そんな時、友人の紹介でコースに参加しました。参加後、主人がいないという現実を受け入れていなかったことや、娘たちも私とは父親(主人)の話は一切せず、無言のタブーとなっていたことに気づきました。それからも毎日の生活は何も変わらないのですが、「あのときのパパはむかついた」とか「パパって短気で恐いけど、優しい人だったね」とか自然に父親の話ができるようになり、今は何でも言える大切な家族がいることの幸せ、それを与えてくれた主人に感謝しています。それがコースからの最大の成果です。

2008-2016 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.