家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークワールドワイド


2016年3月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果
私はティーンズコースに参加をして2つの大きな成果を得ることができました。
私はコースの前は友人との信頼関係について悩んでいました。
人のことを信用できない私は、信用していないことを隠して友人と話していることに後ろめたさを感じていました。ですが、コースの後に友人と話していて、気づいたことがありました。
それは、みんなは友人関係を築くときに「信頼する」「信頼しない」ということをあまり深く考えていないんだ、ということです。私がただ気にしていて、勝手に壁をつくってしまっていたのだと気づくことができました。 
「楽しければそれで良い」と思えたのはすごい成果です。
あとは勉強で、効率よく勉強することができるようになりました。
また同時に勉強への意欲がさらにたかまりました。
今回色々な人の意見を聞き、色々な地域の人たちとも知り合えて、
自分の視野を広げ考えを深めることができて良かったです。
(S.S 16才)
*人に感謝を伝えられた。
*相手の気持ちを考えられるようになった。
*毎日楽しくなった。
(Y.S 14才)
ティーンズコースに参加して、めんどうくさいとか自分が自分でつくったストレスを解消することができた。
積極的に手を挙げて発することができるようになった。
夢が大きくなり、実現できる!と思えた。
(M.A 16才)
友だちに自分から話すことが増えた。
自分から人前にでて発表できた
親とよく話すようになった。
(Y.O 18才)
私が得た成果は、
*自分からすすんで勉強に取り組めた
*自分が聞きたいと思ったことを親しくない人にもすぐに聞けるようになった
*部活の時に先生がいなくてもさぼらずに真面目にやれた
*約束を守ろうと努力できるようになった
(A.H 16才)
ティーンズコースのあとにテストがあった。緊張しないで受けられて良い結果になった!!
塾に行くのが嫌じゃなくなった。
住んでいる場所が違う人とたくさん話せて楽しかった!
(T.K 13才)
親との関係が良くなりました。
新しいことに挑戦しようと思うようになりました。
勉強するようになった。
(K.A 19才)
コースを受ける前は、人のことを信じていなかったけれど、自分が勝手に考え込んで信じれていなかったことに気づきました。
仲の良い子にそのことを打ち明けて初めて向き合って話すことができました。
「話せてうれしかった」と言ってくれてとてもうれしかった。
(Y.S 14才)
僕はこのコースをうけて自主的であることができるようになりました。
自主的になったことで、親に色々言われることが少なくなり、感謝されることも多くなりました。
小さいころからの夢に対する活力が復活しました。
(R.H 17才)
あとでやろう、明日やろうと言って後回しにしていたことを、すぐにやるようになった。
ティーンズコースで色々な人たちの話を聞けてよかった。自分だけが・・と思っていたけど、自分だけじゃないんだと知れて気持ちが軽くなった。
前よりも毎日が軽く楽しくなって、何でもできるということを感じた。
人への感謝の気持ちが大きくなった。
(M.S 15才)
私はこのコースに参加して、大勢の人の前で話すことができるようになりました。あと自分が何かをすると言ってできなかった時に、コース前は理由に逃げていたけれど、言葉を尊ぶことを大切にしようと思いました。
このコースに参加して本当によかったと思いました。
(Z.K 13才)
一番の成果は友達とすごく仲がよくなったことです。
コースのあと友達と話しているときに、どれほど私が勝手に友達との間に壁をつくっていたかわかりました。
また、私自身たくさん言いたいことを言っていたつもりでしたが、全然言っていなかったんだなとわかりました。そのことに気づいた喜びとショック感があり、よい経験になりました。
あと、やりたいこと、目標を「〜したいな。。」ではなく「〜やる!」と言いきることの大切さがわかりました。
(K.S 13才)
*自分の本当にしたいことがわかった。
*親に言いたいことが言えるようになった。
*勇気をもらった。一緒にコースを受けた人たちが仲間になった。
*自分から積極的に行動できるようになった。
*無意識だけど、なんか楽になった。
*人々とのつながりを強く感じた。
(M.Y 15才)
*可能性が無限にあるとわかって、自分の目標や夢がおおきくなった。
*受ける前よりも受けた後のほうが、色々なことにチャレンジしようと思えるようになった。
*まわりの人の色々な質問や意見を聞いて、自分のことがよくわかった。家族とあらためてたくさん話をしたことで、素直になることができた。
(M.N 13才)
私がティーンズコースに参加して得た成果は、人との関わり方がとても楽になって強い信頼関係をもつことができるようになったことです。これから新しい人間関係をつくる際にも大きく役に立つと思います。
家族に対しては、いつも支えてくれていることに感謝の気持ちを伝えました。
そうしたら周りの多くの人たちへの感謝の気持ちがあふれてきました。
(T.D 19才)
私は学校生活を充実させられるようにすることを目的としてこのコースに参加をしました。
このコースに参加して得た成果は、自分は周りの人のことを気にしすぎていたことに気づけたことです。
ただ気にしすぎているんだと気づけたら、本当に心が軽くなりました。もっとイキイキと自由になれるんだと思いました。
また、家族とも前よりももっと仲良くなりました。
(J.M 17)
*自分に自信をもてた。
*将来のことをたくさん考えられた。
*家族との関係を深められた。
*人の役にたちたいと思った。
*今の自分なら何でもできるんだ、と思えた。
*インターネットばかりしていたけど、コースに参加してから勉強する時間に勉強するようになった。
(S.A 13才)
ティーンズコースに参加する前は、自分の悩みや分からないことがあっていつもモヤモヤしていた。それによって家族、友達にイライラしていた。
それで自分自身と相手を傷つけていたと思います。そして本当に自分が大嫌いになって、友達にはいつも作り笑いをしていたし、家族とは深い話はできなくなっていました。
コースを受けた後、本当に気持ちがすっきりしました。
色んな気持ちを友達や家族に伝えることができて、素直に嬉しかったです。
(K.H 14才) 
*知らない人と話すのが苦手で、自分から話しかけることができなかったが、
自分から話してみいようと思えるようになった。
*人の話を、相手の目をしっかり見て聞くようになった。
*「ありがとう」「ごめんなさい」が自然に言えるようになった。
(N.F 14才)
参加する前は、周りの目が気になって自分が出せないでいたけど、参加した後は自分に自信をもって自分を出すことができるようになった。
また本当にいつも色々と心配していたけれど、それをやめて起こっていることだけを捉えるようになったら、心が軽くなった。
あと今までこうなれたらいいな、という理想がたくさんあったけどなかなか行動に移せなくて、そんな自分に悩むことが多かったけど、今はありのままの自分を受け入れる事ができている。自分も人も1人ひとり違うし、価値があることがわかった。
今までは物事に白黒つけないと気が済まなかったけど、グレーゾーンがあってもいいと思えるようになった。
ランドマークでいつも笑顔で優しく受け入れてくれる人がいたから、成長することができました。
このコースにたくさんの時間を費やしてよかった!
(A.H 18才)

子供たちが参加した事によって家族に可能になった事
13才の息子がティーンズコースに参加して一番驚いたことは、自分の意見を冷静に伝える事ができるようになったことです。
今までは自分と違う意見を受け入れられずに感情的になることがしばしばありました。
コースのあとは、相手がどのように思っているのか、ではどういうふうにしたら良いかを相手と話し合っている姿をみて感動しました。
これからの彼の人生で大切になってくるコミュニケーションをとる大きな一歩が出せたと思います。
私も、息子や家族とのコミュニケーションをとる大切さを感じることができてとても良い機会となりました。
(Y.K)
一生懸命にコースに参加している姿を見て、これまでも可愛いと思っていましたが、さらにもっと可愛いと思うようになりました!
「もっとこうなってほしい」と思う部分ももちろんありますが、それ以上に生まれてきてくれて、今も元気でいてくれていることが幸せだ、と毎日思っています。
息子がコースに参加してくれて本当に嬉しいです。
(T.K)
ひとりっ子で、何か行動を起こすことがあまりできませんでした。
宿題を目の前にして「こんなにいっぱい終わるわけがない。イヤだ。やりたくない。こんなに宿題があったら休みの意味がない。」 宿題に限らず、イヤな事、苦手な事に対してはスムーズに取り組む事ができませんでした。
ティーンズコースを受けてから、「なんでもまずやってみる!」になりました。
悩んでいる時間がもったいない、と気づいたようです。
ティーンズコース最終日、帰宅した娘が目をキラキラさせて、「ママ、参加してよかった!」と言った娘。
娘が3日間で感じ得た出来事を私自身が確かめたいので、私もコースに参加することにしました。
(M.S)
娘の「可能性の宣言」を聞いて胸が熱くなりました。
すぐには成果はみえませんが、彼女の中にコースでの体験が強く残っていると思います。
(T.Y)
娘がティーンズコースを受けたことで、私のほうに成果がありました。
娘を、娘の人生を信頼して放っておけそうです。 先まわりをやめて、彼女のやりたい様にやらせます。自分の人生を自分の力で歩んでいける力が彼女にはあります。
大きな気づきをありがとうございます。
(T.Y)
娘がコースに参加したことで、娘の色々な可能性を私が発見できました。
3日間おわって、私が望んでいた成果がみられないことに悩んだこともありましたが、ボランティアのみなさんにサポートをもらって自分が娘の可能性に気づいていないだけなんだとわかりました。
自分の観点を手放したら、娘を愛しているんだ、ということをただ体験しました。
上手く伝えられませんが、娘にとっても私にとってもとてもよかったです。
ありがとうございました。
(H.F)
14才の息子が参加しました。コースを受ける前は親は子どもの変化をだまって見守っていけばいい、と思っていましたが、やはり子どもの気持ちを聞いて思いを聞いてあげられることが大事だと感じました。
コミュニケーションを家族でとる時間をつくることが父親の役目だと思っています
(K.M)
娘がこのコースを終え、自分と向き合い、感じ、自分を表現する勇気をもった彼女の姿をみて、私も自分を飾らず表現して人と接することができるという成果を得ました。
そしてそれにより、人との距離が縮まった実感があります。
娘とも話す時間がとても増えました。娘と話すうちに、私が親、娘は子という固定観念がはがれていき、
ひと 対 ひとで子どもと接することができる、という成果を得られました。(とても大きな気づきです)
(S.T)
長男がコースに参加しました。親子で以前より深い話ができすようになりました。これからもっと本音で何でも話し合えるな、と思っています。
(S.T)
兄のすすめで17才の末の息子が参加をしました。
もともと楽天的で、友達とも学校の先生とも仲よくうまくやっている子でしたので、特に何も心配もしていませんでした。
息子はティーンズコースに参加をして、さらに「生きていく力」を強化したようにおもいます。今後もますます自由に幸せな人生を歩んでいってほしいと心から願うとともに、私自身も人生をもっと豊かなものにしていこう、と決意を新たにいたしました。
一つ大きな変化は、息子が参加後は「面倒くさい!!」と言わないようになったことです。
(H.A)
子どもが守るべき小さな存在から、夫とともに息子は私の人生のパートナーになりました。子どもに助けてもらってもよい、と思えました。
これからも一緒に可能性をつくっていきます。
子どもが自分で考えて行動することを、口出しせずに見守ります。
(N.W)
仲の良い母娘であると思っていましたが、それでもお互いに踏み込まない、踏み込めない領域があることにも気づいていました。
娘は「素直である」可能性をつくっていました。
コース後はお互いに踏み込めない領域の前の壁を認識して、「素直」に話せるようになりました。遠慮や配慮も大事にしていますが、自由に素直に思っていることを言える自由さがあります。
(Y.P)
中2の息子が参加しました。反抗期の真っ只中でした。
コースのあと、彼は私に対して感謝の気持ちを表現するようになり、「ありがとう」というようになりました。
私は彼の気持ちがわかるので以前のようにどなったりすることがなく穏やかな気持ちで接することが
できています。 今は気持ちが通じている感じがするので、毎日一緒にいるのが楽しくなりました。息子が愛おしい!と思う毎日です。
(K.S)
私自身は7年前にコースに参加をしました。
娘は、家と学校の生活では知り合えなかった方たちとの出会いがあったので新しい発見や興味がたくさんあったようです。
これからもどんどん新しい発見をして、自分に自信をもち、チャレンジする人生をおくってほしいです。
娘がティーンズコースに参加してくれたおかげで、7年前を思い出しました。娘に感謝です。
(T.I)



2008-2016 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.