家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


2016年3月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果
何でも可能と思えるようになり、毎日が楽しくなりました。
人前に立つのは優れている人じゃないといけないから、自分は絶対に立つことができないと思っていたけど、コースの後は自分から前に立てるようになりました。さまざまな活動に積極的に取り組めるようになりました!(N.K 16才)
ティーンズコースを受けて、自分をよく見せるように、自分を悪くみせないようにしていることにきづきました。具体的には自分をよくみせるために、相手を下にみることをしていました。
これをやめようと思いましたが、今はすこし難しいです。 ですが、まず相手の気持ちを考えてから話すようにしようと思っています。
あと妹とのケンカがすごく少なくなりました!とても仲良しになりました。(T.M 13才)
ティーンズコースで僕は事実をありのまま受け入れることができるようになりました。
今まで僕は自分の事を自分勝手な人間だと思っていて、何かあった時は自分のせいだと自分を責めがちでした。
このコースで、誰が良いとか悪いとかは自分の中での想像でしかない、ということがはっきりとわかりました。今まで自分で色々なことを抑え込んでしまっていたのですが、これからは新しく自分の成果をつくっていけると確信しています。(Y.K 17才)
私はこのコースを受けて、母との信頼関係がより深いものになったという成果を得ました。
コース中に感じたことを母に話していた時に、母から初めて「とっても大切よ。愛してる。」
という言葉が聞けたし、私も伝えることができました。
家に帰ると「おかえり!」と大声で母が言ってくれるようになって、とても嬉しくて前よりも家に帰るのが楽しみになりました。
母や兄や友人、そして自分自身をフィルターを通してしか見れていなかったので、これからの毎日はいったいどんなふうになるんだろうと、ワクワクしているのが大きな成果だと思います。(M.A 17才)
*おじいちゃんとおばあちゃんがやさしいと思えるようになった
*お父さんと話す時にイライラしなくなった
*お母さんともっと仲良くなれた
*友達に本音をいえるようになった
*考え込まないで動けるようになった
(T.S 14才)
僕は人見知りだけど、このコースに参加してみんなと話すことができて友達ができました。
親とも仲が悪いと思っていたけど、コース中に話をして僕の本音を言ってみたらお父さんとお母さんから「ありがとう」と言われて嬉しかった。 前より話すようになりました。(Y.K 14才)
参加してから友達や家族との距離が縮まった。多くの人とコミュニケーションをとることができた。なんだかとってもスッキリした。
将来の夢がはっきりした。(M.T 18才)
私の一番の成果は、父親に自分から電話をして話ができたことです。
私は父親と仲が良くありません。私が小学校に入る前に両親が別居し、2,3か月に一度会うという関係です。前に父親が怖いと感じる出来事があったため、会った時は敬語で話していました。
とても緊張しましたが、話してみるとそうでもなく、とてもよかったと思っています。
このコースに参加をしてよかったです。(N.T 16才)
私は両親との関係や友人関係が深くなりました。
母親とは自分が今まで言えなかった感謝を伝えることができました。
父親にも今まで話したかったのに言えなかったことを伝えることができました。
友達には、ありがとうやごめんねが自然と言えるようになっていて、相手も色々と話してくれるように
なりました。
自分ばかりが色々悩んでいると思っていたのですが、他の人も色々な事で悩んでいることがわかり安心しました。周りの人が何かに頑張っているところを見ると、自然と自分も頑張ろうという気持ちになっていました。 (N.A 13才)
私は何でもできる!という可能性をつくったことで、夢を叶えるということに改めて正面から向き合う事ができました。私は韓国で歌手としてデビューして、世界の人を自分の歌とダンスで勇気づけるという夢をもっています。 今自分ができることに100%で取り組んで夢を絶対に叶える!とティーンズコースをうけてさらに強く思うことができました。コースを受けるなら少しでも早いほうがいいです。(I.H 17才)
私が得た成果は、家族に自分の気持ちを伝えることができてより良い関係を築けたことです。
家族と仲が悪いわけではなかったけれど、今までは感謝の気持ちを伝えるなんて恥ずかしくてしませんでした。コースのあとは、自分の気持ちを、特に感謝の気持ちを素直に伝えることが
できました。今では家族と話すことが増えて楽しくて仕方ありません。 (Y.T 19才)
私は今まで誰に対しても自然と壁をつくってしまっていました。
家族の前でも良い子のフリをしていました。
コース中になんでそんなふうなのかに気づいたことで、私は自分と自分のまわりにいる家族や友人のことを
心から愛するようになりました。 そして何よりも自分に自信がついたことを実感しています。
自分から何かアクションを起こすことで、そしてまっすぐに伝えることで、必ず予想もしなかったような良い結果が起きています。 
家族との関係、大学生活、そして自分自身がとっても充実しています。 (M.T 19才)
私の成果は集中力がついたことです。
今までは「部活めんどくさいなぁー」と思っていて、時間をしょっちゅう見たりしていました。
しかし今は、「コーチ、休憩いれるの早くない?」と思うぐらい時間がたつのが早くなりました。
これは部活動に集中できていることだと思います。
来年は受験生なので、この集中力を勉強にいかしていきたいと思っています。 (K.W 14才)
私はティーンズコースに母に誘われました。ずっと断っていたのですが、母の気が済むのならと思って
今回イヤイヤ来ました。 初日は長くて疲れもすごく感じたのですが、2日目からはだんだん
理解できるようになってあっという間に終わりました。
3日間終えた時に、母から「たくましくなったね!」と言われた時に嬉しかったです。
今まで部活動で自信がなかった私は、同級生との会話でも笑っているだけだったのですが、コースの後は
自分から会話をふって、みんなの輪の中にとけこめることができました。
私が本当にほしかった「自分に自信をもつ」ということを獲得できました。 (H.N 17才)
自分は遊びに行くのはみんなまかせで自己主張しないほうでしたが、ティーンズコースを終えて
友達と遊びに行った時に、自分から行きたいところを言ったり、食べたいものを言ったりできるように
なりました。 そして自分では意識していなかったけれど、友達から「自信がついたみたいだね」と
言われたので、知らないうちに成果がでているんだと感じました。 (T.I 17才)
自分は将来の夢への目標達成のために来たのですが、実際に参加して学んだことは、
人間関係において自分で勝手に友達のことを変に思っていることが多いということでした。
コースのあとは友達の意見をしっかりと聞けるようになりました。 
あと自信をもって考えて動くようになりました。 (Y.I 14才)
私はティーンズコースに参加して、自分に自信をもつことができるようになりました。
あと家族への感謝が前よりも深くなりました。
私は最初ティーンズコースに参加することに乗り気ではありませんでしたが、今では
参加できてすごく良かったと思っています。 (M.N 15才)
私は自分が本当にやりたいことを明確にするためにコースに参加しました。
「自分はできない」 「はずかしい」 という自分の言葉を投げ捨ててみたら、すぐにやりたいことが
見つかりました。 
やりたいことが見つかった後は、今まで「めんどくさい!」と思っていたことがなんだかとても楽しみに
なっていました。
自分を信じて、自分の言葉をしっかりと受けとめて、今やりたいことを100%できていると
実感しています。 (M.I 19才) 
私は母からこのコースを紹介されました。
説明を聞いた時に、このコースは「力をつける」とか「何かを変える」ものではないと言っていましたが、
その通りで、自分の考え方・見方・視点を新たに教えてくれるような感覚でした。
新たな視点により、自分の幅や可能性を広げることができたと思います。 (O.R 19才)
家族のみんなともっと仲良くなれた。
部活で苦しい時でもやる気をなくさずにできた。
初対面の人にでも自分の意見を言えるようになれた。
やりたくないことでも、やりたくないという気持ちをおいておいて、やらなきゃいけないことをやれるようになった。
自分の目標をしっかり立てられるようになった。そのためにやることも決められるようになった。
(K.K 13才)
「自分は何もできない」という考え方から、「自分は何でもできる!」という考え方にかわりました。
それによって自分の発言や行動に自信が持てています。
このコースでの経験を私と同じような悩みを持っている人に伝えたいと思いました。
たくさんの人と関わりたい、と強く思えるようになったことが、ティーンズコースに参加してから得た
私の成果です。 (M.Y 17才)
私は今まで他人に自分の思ったことを伝えることが得意ではなく、言ったら嫌われてしまうのでは
ないかといつも思っていました。 でもこのコースを受けて、自分は伝えることができないのではなく、
伝えていなかった、できるのに勝手にできないものだと思い込んでいただけなんだ、ということが
わかりました。今まで友達や家族に言えなかったことを言えたことにより、自分への自信と
友達や家族との絆を深めることができました。 (N.Y 19才)

子供たちが参加した事によって家族に可能になった事
娘が親に遠慮して、思った以上に気を使っていることに気づきました。
娘は自分の夢をしっかり持っていて、それを実現する力を充分に持っていることに気づきました。
思った以上に成長していることに気づきました。(H.H)
参加している子供たちの話を聞いていて、子供の吸収の早さと表現力に感動しました。
息子に対して、一人の人間として話ができるようになり安心感を得ました。
息子が参加したことにより、自分から行動しなくなっている自分に気づきました。
待つのではなく自分から行動していこうと思いました。(Y.K)
子供が参加したことで私が得た成果は、はずしたと思っていたフィルターから両親を見ていたという事に気づけたことです。親がこまごまと世話をやいてくることに、イラッとしている私でした。
娘に参加後の様子を聞いたときに、「おじいちゃんとおばあちゃんが優しくみえる」と答えたことにビックリしました。私にはいつものうるさい両親にしか見えていなかったので・・・
私の方がいつもの見方で関わっていたことに気づきました。(T.Y)
私がコースを受けて、すぐに娘に受けてほしいと思いました。
娘はすごい抵抗で、今思えば初めての自己表現でした。「いやだ!」「私は自分のことは自分で出来るから大丈夫!」そう言って1年半が経った今回、娘が受けることになりました。
コースを受けた娘は、とてもたくましくなって輝いていました。
部活のことも、これまで悩んで止められていたことを彼女なりに考えて行動していて、とてもすっきりと軽くなっている表情を見たときに、本当にコースに参加してくれてよかったと思いました。(Y.N)
17才の娘が参加しました。 彼女は自分に自信がなく、学校も休みがちでした。
また私はそのような娘に対して「自分の育て方がよくなかったのでは?」という思いがいつもあり、子育てに失敗したダメな母親という劣等感がありました。
娘はティーンズに参加してから見違えるように明るく前向きになり、友達とも積極的に会うようになりました。 
この3年くらいはなんとなくビクビクしながら接していましたが、自然と接することができています。
私のことを気遣ってくれるようになって、とても頼もしく思っています。
娘の見違えるような成長が成果です。(M.Y)
娘がティーンズに参加をしてくれて本当によかったです。
娘の小さい頃を思い出しました。本当に生まれてきてくれてありがとう。愛している。
いてくれるだけで幸せ、と思っていたのに、もっともっとと要求ばかりしていることに気づきました。
娘に「生まれてきてくれてありがとう」と伝えられたことが私にとって大きな成果です。(Y.T)
息子が参加をして、「めんどくさい、は無い。自分がめんどくさいを創りだしているってわかった!」と言ったときに、すごいことを発見したと感じました。
息子が参加をしたことで、私自身が色々と発見できました。何よりも息子と一緒に色々な話ができたことが嬉しかったです。(H.K)
結婚して1年、夫のつれ子である息子がコースに参加しました。
「何かのきっかけになれば良いかな」程度の気持ちで参加をすすめました。
予想以上に真剣に積極的に取り組んでいる姿にふれて、「なんてこの子を小さくみていたんだろう」と反省しました。 これからは息子の可能性を信じることができる自分を発見しました。
とてもワクワクします。 
何でも話しあえ、心から信頼しあえて、愛と喜びに満ちあふれた家族になるぞ!と心に誓いました。(T.K)
コース参加に消極的だった娘がパワフルにコースに参加をして、たくさんの成果をつくっています。
娘にコースに参加をしてほしくて、本当に彼女と向き合って話をしました。
「これ以上言ったら嫌がられる」 「関係がこわれる」という思いをこえて彼女に話せたことが大きな成果です。(S.S)
息子が参加をしました。父親である私はこのコースに参加していませんが、息子をみていて自分が物事に対して壁をつくっていたことに気づきました。また苦手意識を持っていた人に対しても「苦手」という壁を自ら作っていたんだなーと気づかされました。
家族や社員、友人たちの良い面、可能性、個性をのばしていくことに力を使いたいと思いました。(M.K)
今までは娘にうるさく世話を焼き続けてきましたが、コース後の可能性にパワフルに生きる娘にまったく世話を焼かなくなりました。さらに私自身も、仕事や趣味などにパワフルに取り組めるようになりました。(T.I)
子供からパワーをもらえた。
子供がはっきりとした目標をつくれた。
子供が「行動を起こさないことが損だ」といったのと聞けてとてもうれしかった。(K.K)
娘と心からの会話ができるようになった。
娘とのこれからの未来がワクワクしたものになった。
娘を生んで良かった、愛しているということを大きな声で毎日いつも叫びたい気分です!(Y.A)



2008-2016 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.