家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


2014年8月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果

私はこのコースを受けて、冷静であるということと、素直であるという可能性をつくりました。
「冷静である」という可能性を、野球部で勝利をもたらすことに使っていきたいと思っています。
「素直である」という可能性は、友人や家族に何でもうちあけて本当の自分を知ってもらうことに使っていきたいと思います。
T.M 16才
ティーンズコースに参加して得た成果は、恥ずかしがらずに自分の思っていることを伝えられるということです。
今までは恥ずかしくてちゃんと伝えられなかったけど、今はちゃんと伝えられるようになったと思います。
お母さんに「ありがとう」って言えたし、友達にも自分が思っている事を伝えられて、今までよりももっと仲良くなったと思いました。  
これからも可能性をみつけていきます。そして自分の気持ちもしっかりと伝えていきたいです。
A.F 14才
ティーンズコースに参加してから得た成果は、友達に自分の思ったことを正直に伝えられるようになったことです。
あと自信がすごくつきました。
あとコースの前は、人の前で発表することを絶対にしていなかったけれど、ティーンズコースに参加してからはできるようになりました。
K.K 13才

私がティーンズコースに参加してから得た成果は、お母さんと仲良くなれたことです。
コースを受ける前は、お母さんに対してずっとツンツンしていたけど、コースを受けてからは、お母さんとしゃべっていて笑顔になる回数が増えました。
ケンカをしてもずっーとひきづらず、仲良くなる時間が早まりました。 
あと、イライラすることが減りました。
あと、自分に少し自信がつくようになりました。 前は出かけていてきれいな人を見るとみじめな気持になっていたけど、自分は自分なんだ!という区別がつくようになりました。
Y.K 17才
ティーンズコースに参加して、一番私の中で残っている事は「今を大切にする」ということです。
なので、参加してから行動力が高くなりました。
あと、今まで人と関わるのに、まず壁があってそこからどんどん壁を崩していこうという考えだったけど、「壁がある」という考えがなくなり、素晴らしい人間関係を築くことができるようになりました。
それは、私にとって大切な人が沢山できるということです。
S.M 16才
私はコースを受けて、友達と話すことが楽しいと感じることができました。
コース前は、友達を怒らせたくない、ケンカをしたくないという理由で、言葉を選びながらしゃべってしまったりして、気を使ってしまっていたので気疲れしていました。
家族とは、本音で話し合い、お互いのことをもっと知ることができました。
誰とでも本心で話しあえる可能性を見つけることができたので、このコースを受けて本当によかったです。
M.Y 17才

コースを受ける前はあんまり自分の思いを伝えられることができなかったけど、このコースを受けてからお母さんにこれまで自分が隠していた思いを伝えられました。
あと、お父さんにも手紙で思いを伝えれてすごくすっきりしました。
あと友達にも今まで自分の気持ちとかを伝えられなかったけど、今までの思いを伝えたら友達が「これからは何があっても親友だよ」って言ってくれてすごく嬉しかったし、今までよりも仲良くなったと思いました。
これからは何があっても自分の可能性を信じていきたいです。
K.F 15才
私がティーンズコースに参加して得た成果は、親の話しをきちんと聞けるようになったことです。
また日々の生活に充実感がわき、気持ちに余裕ができました。
特に物事の捉え方が変わってきたので、イヤだと思ったことに積極的にチャレンジしていきたい!という気持ちがわいてきました。
このコースに参加できて本当に良かったです。
D.Y 18才
今回ティーンズコースに参加してから得た結果は、失敗してもくよくよせずに引きずらなくなったことです。
失敗してもすぐに切りかえる能力が高まりました。
今後も学んだことを積極的に活かせるようにしていきます。
C.K 19才

ぼくはティーンズコースに参加して思ったのは、家族との距離が縮まったことです。
特におばあちゃんとの関係が縮まりました。
あと自分自身に勇気がもてるようになりました。
これからは家族以外との関係で自分の本心が話せるようにしたいです。
K.K 14才
このコースに参加して得た成果は、どんなことにでも集中できて人との関係が深まったということです。
このコースで大勢の人と知り合ったことで、たくさんのことに気づきがありました。
K.I 13才
コースをやって得た成果は、
*正直になれた
*本気で物事に取り組めるようになった
*自信がもてた
*中断していたことをまたやってみようと思えた
*将来の夢ができた
Y.W 14才

コースを受けて、自分は素直に話せるようになりました。
兄弟とも話し合いができたので、お互いの不満もきえて正直に話す事の大切さがわかりました。
T.Y 15才
ティーンズコースに参加をして、友達に言いたいことを言えるようになった。
今までは恥ずかしいとか、わかってもらえないとかで言わなかった。
前よりも仲良しになった。
A.S 13才
このコースに参加をして、自分の目標やこれまでのことを見つめなおすことができたことが成果です。
自分自身の考え方をしっかり持って、時には他人の意見を受け入れることのできる人間になりたいと考えています。
K.K 19才

ティーンズコースを受けてから、家族や友達に自分の気持ちをうまく伝えられずにいたけれど、今ならちゃんと自分の気持ちをうまく伝える事が出来るようになりました。
特にコース2日目の夜に、親にちゃんと自分の気持ちを伝えることができたことが嬉しかったです。
T.M 14才
コースに参加をして得たものは、自己表現ができるようになったことです。
あと自分はうそばかりついていたけれど、うそをいわないで人と話せるようになりました。
これからもどんどん自己表現していきたいです。
E.O 14才
コースのあと、毎日親との会話が増えたと思います。
友達との関係もさらに深まったと思います。
私はコースを受けるまで、勉強とかを「どうせ将来使わないし・・」とやらないことがあったのですが、将来どうなるかなんて誰にもわからないし、将来の自分は、今自分がやっている全部のことの積み重ねだと気づきました。 自分がなりたい自分になるためには、今やっている事にムダなことはないんだな、と思いました。
あと、人それぞれ考えること、感じることはちがうし、それぞれに良いとこがあって、自分のおもっていることが必ず合っているとは限らないんだと気づきました。人の意見にも耳をかたむけて、でも自分の意見もちゃんと持って自分らしさを忘れないことが大切だと思いました。
私は、みんなの思ってることを受け止めて、心が広くて自己表現が出来る人になるようにがんばっていけたらいいなと思いました。
A.W 13才

子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

娘がティーンズコースに参加しました。
成果のことは、詳しくは親に話してくれませんが、自分の意見をいうようになったな、と思います。
娘の様子をみていて、1人の人間 対 人間として向き合っていけばいいんだということがわかり、親として気持ちがとても楽になりました。 
19才の息子が参加しました。
息子の参加により私自身が得た成果は、親子の会話が増えたことです。
思春期から会話が少なくなっていましたが、そんなもんかな・・と思っていました。
息子は何か失敗をした時に、今までと感じ方、とらえ方が変わっていて楽になったみたいです。
本当にありがとうございました。
高2の息子が参加しました。
コースに参加する前は、部活や勉強でいそがしくなってきていたので、何を言っても、「今じゃなきゃダメ?」 「忙しい!」 「めんどくさい!」という返事や態度でした。
コース後は、限られた時間の中でも家族と向き合おうとしていることが伝わってきます。
実際に会話が増えています。 そのことが本当に嬉しいです。
母親の私は、理想や標準という窓から息子を見ていた事に気づきました。 
ありのままの息子をまるごと愛せる私になりました。

中学生の2人の娘が参加しました。以前にコースを受けた息子がボランティアに参加して、家族全員で取り組めて、本当にパワフルでした。
コースを申込んでから始まるまでの間、娘たちと一緒に色々考えることができて楽しかったです。
今は、私の子供に生まれてきてくれてありがとう、という気持ちでいっぱいです。
他界した主人の宝物である3人の子供がいつも私のそばにいて、力づけてくれていることを感じることができて本当に幸せです。
これからは、子供達の人生を応援していく可能性を楽しく創作していけそうです。
ありがとうございました。
娘が参加をしてくれたおかげで私に大きなブレークスルーが起きました。
ビックリです!!
私自身が母親との親密な関係を手にいれることができました。
今までの息子は、親に対して怒られないようにウソをついたり、ごまかすのが上手でした。
そして弱音をはいたり、自分の心の中の思いを伝える事が少なくクールを気どっていました。
そんな息子がこのコースに参加した日から、沢山話しをしてくれるようになり、心の中を見せてくれる
ようになりました。
そして、息子もありのままの私を見てくれるようになり、やさしい言葉をかけてくれるようになりました。
今はとても良い関係がつくれています。

中1の娘が参加しました。
主人と私もコースをうけました。
娘が参加して家庭での成果は、家族の会話が増えたことです。
思ったことを我慢したりおさえたりせずに話しをすることが多くなりました。
私は忙しさにかまけて子供の話に耳をむけないということはしなくなりました。 子供の話しを全部受けとめることができるようになりました。
「どうせだめだろう」とか「どうせできないし」などと否定的なところからではなく、成果を得るにはどうしたらよいかということを常に考え、家族で話しあいながら楽しい家庭をつくっていきます。
17才の息子が参加して、親子の絆が強くなったと感じています。
私は息子に対して叱ったり、怒ったりすることが随分と少なくなりました。
ありのままの息子を受けとめることができるようになりました。
また、夫との関係が深くなりました。
夫は理解がない・・と思っていました。 息子がティーンズコースに参加するためには夫の理解が必要でしたが、本当に快く参加させてくれた夫に感謝をしています。
これからも家族仲良く暮らしていきます。
子供のコース参加で私自身がパワフルになりました。
コース前の息子は、試合で負けた時に落ち込んで立ち直るまでに時間がかかりました。
今は自分のプレーを見直して、どんな練習をしたらいいかを考えています。
そしてそのことをチームメンバーと話しあっています。
息子は「自分でもびっくりだよ!あんまり落ち込まなくなった!」と笑顔で話してくれます。
そんな息子の影響か、私も仕事でうまくいかない時に落ち込む時間が短くなりました。

大学2年の息子が参加しました。
小さい頃はとても仲が良かったのですが、ある出来事をきっかけに5年間の断絶がありました。
2年前からコースをやってほしくて粘り強く会話をしたことで、今回参加の決断をしてくれました。
息子は本音で私に話すようになりました。 以前は私に遠慮して本音を言うことなど決してなかったのですが、これからはお互いにストレートな会話が出来ると思います。 
息子と、男と男の対等な関係を手に入れたいと願っていましたが、まさにそれを手に入れることができました。 とても嬉しく思います。
娘が参加しました。本人は楽しんで参加したようで安心しました。
コース後も特に変わったことはないように思いますが、話しをすることが多くなりました。
素直になんでも話してくれる娘をみていると愛おしくてたまりません。


2008-2016 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.