家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


2013年8月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果

僕がティーンズコースに参加して得た成果は、自分の将来の夢に対してより明確な目標をもつことができました。コースの中で全員の前で自分の将来について話しが出来た事で、さらに大きな自信をもつことができました。S.T 18才
私は人の気持ちがわかる人になりたくてこのコースをうけました。
少しはわかるようになったかなって思っています。
今までは人の気持ちをわかろうとしていなかったし、私のこともきっとわかってもらえない!って思ってただけでした。M.M 14才
妹と仲良くなれたことがよかったです。
コースで友達が増えてよかったです。 とてもうれしかったです。T.N 13才
リスクをとれる勇気を持てました。
それによって自分に自信が持てた事がとてもよかったと思います。
これからは人を力づけられるように頑張っていきます。U.D 15才
弟とのケンカが減った。
むかつくことが少なくなった。
おかあさんの言うことを聞けるようになった。W.H 13才
コースに参加させてもらえてよかったと思いました。
一番の成果は、家族との仲がよりよいものになったことです。
特に父と姉に自分の気持ちを話せたことが本当に嬉しくて、今までにないくらい自分に素直になれました。 コースを受けようと思った時は、周囲の人との人間関係を良くすることしか頭になかったけど、一番身近な家族との関係にここまでいい成果が得られるとは思ってもいませんでした。M.I 19才
私はティーンズコースに参加をして、今までの考え方とは違う新たな視点で物事を見て考えられるようになりました。
小さな頃にあった出来事から、ずっと家族や友達に本音を言えずにいました。
ティーンズコースをうけて本当に自分で勝手にそう思って来たんだな~ということがわかりました。
その結果で今私はとても良い関係を家族とつくれています。
これからはこのことをいかして友達と楽しくやっていこうと思います。Y.N 13才
ティーンズコースに参加をして得た成果は、友達や親や妹たちに自分の気持ちが伝えられるようになったことです。
僕は人見知りなので、それをなくすためにコースをやることにしました。
僕のお父さんは人前でしゃべることがとても上手なので、とてもすごいことだと思っています。
そのお父さんからこのコースを受けてみないか、と言われたのでうけました。
コースに参加して色々な人の気持ちがわかったのですごく楽しかったです。自分自身のこともよくわかったのでよかったです。Y.K 16才
コース前は、友達との関係で、自分が良く見られるため、悪く見られないために平気でうそをついていました。今は、うそをつくことをしなくなり、そのまま自分の思っている事を伝えるようになれました。
あと物事がうまくいかない時に、今までは仕方がないとか自分には力がないとか自分に言いわけをしていたけれど、どうやったらいいかを考えるようになりました。S.D 17才
コースに参加して人前にでることが苦手じゃなくなったことが成果です。
今まではしなかったけど、今年度の学年委員に自分から立候補することができました。T.O 14才
このコースで得た成果は、父との関係です。
僕は今まで父とはまったく話しをしませんでした。
けれどコースを受けて家族に対して色んな解釈をしていることがわかりました。
コース終わってすぐは意識して積極的に父に話しかけましたが、今では自然と話すようになりました。S.I 13才
私はこのティーンズコースに参加をして得られた成果の中で、一番大きいと感じたものは、自分で自分を決めつけていたということです。
「自分はこういう性格だ」と思いこんでいたものが、実は自分が創りあげていたもので本当の自分ではなかったということを知りました。 逆に自分で「自分らしくない」と思っていた部分が本当の自分だったりするな、と感じました。
自分自身だけでなく、他人の色々な一面にも気づくことができたし、またそれを受け入れることができるようになりました。
このコースに参加して新たな自分に出会えて本当に良かったです。Y.Y 19才
僕がティーンズコースに参加をして得た成果は、積極的に行動するということです。
家で手伝いをするようになったので、お母さんにほめられたりして、前より少しお母さんと仲良くなれました。F.K 14才
私の成果は、自分の可能性を見つけることができたことです。
これからの課題もわかってきたので、勉強でも人間関係でも良い方向になってきたと思うので良かったです。T.M 16才
ティーンズコースに参加して得た成果は、親との会話が増えたということです。
もともと会話は少なかったのですが、コースで親との関わりが大事と聞いて、自分から話すようになりました。I.Y 15才
コースで気づいたことは、今を生きる大切さです。
コース前は、いつもこれから起きることに心配ばかりしていて、失敗しないように生きていました。
これからは何が起きてもいい、間違えたっていい、失敗なんてないんだとわかりました。
失敗を恐れて生きるのではなく、今を大切に楽しくやっていきます。S.K 18才

子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

 中1の息子が参加しました。
息子がティーンズコースに参加をして発見したのは、今まで息子を信頼して自主性にまかせているつもりでしたが、いつも気になってしかたがなく、全く信頼していなかったことです。
これからは彼を信頼し、私自身のことを気にすればいいと思えたことで、とても楽に
過ごすことができるようになりました。 
 私自身がコースを受けてから怒らなくなりました。
17才の娘がティーンズコースに参加して、私は子供たちを叱る回数が減りました。
子供たちのことをもっともっと愛するようになりました。
そして夫との関係がどんどん良くなっています。
 中3の娘が参加をして感じたことは、彼女が優しくなったこと、そして器が大きくなったことです。
 他人とはあまり関わりたがらない娘だと思っていたのですが、
「今度ボランティアをやりたい」とか「友達にこのコースやってほしい」と言ったので
とても驚きました。
姉にも「コースやったほうがいいよ」とさりげなくすすめていて、やらないと言われても「また誘ってみるよ」と笑顔で私に話してくれた姿に、成長したなと感じました。
 15才の息子が参加しました。
 息子と母親とのわだかまりがなくなればと期待していました。
 3日間が終わってからの1週間、2人の関係はすごく良くなってきています。
もっともっとうまくいってほしいとの思いもありますが、このままでも良い、充分だと思える自分もみえてきました。

 息子をしっかりしていないとか、何もしない、と見ているのは自分自身なんだと気づきました。
 あまり怒らないようにしようと思いました。 
 娘が参加しました。
 何か特別変化があったというわけではありません。
ただ私自身、娘のことを「子供」からひとりの「大人」としてみるようになりました。
彼女がどう感じているか、まだあまり話していませんが、私がみたところでは参加してよかった、と思っているようです。 
これからの人生の糧になっていると思います。
 18才の息子が参加しました。
息子がとても愛おしく思えました。息子が私の人生の中に一緒にいることに気づき、とても幸せであると実感しました。
息子がコースに参加してから、私は感謝が自然とわいてくる今日この頃です。
 他の子供たちの成果のシェアを聞いて、それぞれの成果が違うことに気づいた。
そして我が子がみんなと同じような成果が得られていなくても良いと思えたごとが私の成果です。
彼が毎日朝きちんと起きてコースに参加した。友達がたくさんできたこと。友達にまた会いたいと私に言ってきたこと。 これらが彼の成果です。
ティーンズコース後も、私や弟たちに悪態をついていますが、コースに参加させて
よかったです。

 息子がコースを楽しんでくれたことが、何よりもうれしかったです。
素晴らしい成果を得てくれていると思います。
親としては、いかに自分の子供を自分のフィルターを通して見ていたか、ということに気づきました。 そのフィルターをはずすことはできないのかもしれませんが、それを発見したことは私にとってすごい成果です。
今後の親子関係が変化し、新たな気持ちで息子と関わっていけることがとても楽しみです。
 親のためのセッションで、子どもはこうあるべき、こうである、と見ていたのかもと
思い、私の都合で見ていたことを発見した。
すると、この娘で本当に良し、素晴らしい娘に育っていて私は幸せである、を実感できました。
 これが私の成果です。
 私が娘に過大な期待をしているということが明確になりました。
期待からの関わりではなく、彼女自身を見つづけて大切に育てていきたいと
改めて気づきました。
 妻はコースに参加していませんが、息子のティーンズコース参加後にあまり怒らなくなりました。 息子をみて「あの子は正直なのよね」と嬉しそうに私に話してくれたのがすごい成果です。

 13才の息子が参加しました。
3日間のコース終了後、2日ほど過ぎたときに、「お母さん、負の感情っていうのがあるってことがわかったよ」と。思わぬ発言に親はビックリでした。
反抗期の息子は、なんだかイライラする気持ちを彼なりにもてあましていたようでした。
その感情が何なのかが少しわかり、いくぶん大人になった息子の顔が頼もしく見えました。
 相変わらず親子でバチバチとやっていますが、彼は負の感情を少し客観的にとらえて気持ちをきりかえられるようになっています。
 思春期に入り学校でも問題ばかり起こしている息子が今回参加しました。
勉強はしない、校則は守らない、そんな息子を思うと心配で仕方ない反面、周りと比べて普通にできない息子に腹立たしさもあり、ついつい口うるさくなり親子関係は悪化する一方でした。
息子がコースを受けて、問題児だと思っていた息子は誰とでもすぐに仲良くなれ、友達もたくさんいて毎日を楽しく過ごしている、またそういう風にできる人気者なんだ、と
気づきました。
 誰からも愛され可愛がられる息子がとても素晴らしくたくましく感じました。
 今回ティーンズコースに息子が参加し、親子で違いがつくれたことに感謝しています。
私の成果は、子供、そして自分の親をも小さく見ていたことに気づきました。
私は自分の思いを人に押し付けてきたのかもしれないと自分自身を観察でき、大きな成果につながっています。
これからも親子で一緒に違いをつくり続けていきます。


2008-2013 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.