家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


2013年3月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果

人生は何でもできるんだというのが本当に自分で理解することができた。
人生を見る見方が変わりました。
来る前は大勢の人の前で話すのが得意ではありませんでしたが、コースに参加してからは人の目が怖いと思うことがなく、のびのびとした「自分」をパフォーマンスすることができた気がします。M.N 17才
最初は来るのがいやでいやで仕方なかったけど、3日間やってみたらスゴイ
楽しかった!! いっぱい泣いたり笑ったりして、そして色んな事を学びました。
私がこのコースで学んだことは、家族の大切さです。
今まで家族に気持なんて伝えたことなかったけど、初めて伝えることができました。
あと、友達にも自分から話す事ができるようになったし、本当の自分で向き合うことができました。
A.H 13才
私がこのコースで得た成果は、色んな人と話せるようになったことと、話す時に恥ずかしがらなくなったことです。
家族や友達に言えるようになったり、ちゃんと伝えることができるようになりました。
あと苦手な男子ともちょっとだけ話せるようになりました。
何でも最初から無理だ!と思わずにまずはやってみようと思いました。 Y.H 13才
コースを受ける前は1日に1回はお母さんとケンカしていたけど、コース後はケンカがなくなり楽しく会話できるようになりました。
あと、お父さんに自分の本音を伝えたらなぜかお父さんが明るくなり、関係がよりよくなりました。
苦手だった部屋の掃除も楽しくできるようになり、日々を心地良く過ごすことの大切さが本当に実感できました。A.T 19才

コースに参加して得たことは、自分の親と本音で話せるようになったことです。
まだこのひとつしか成果はみつからないけど、これからの人生でいっぱい成果をつくっていくつもりです。
このコースに参加させてくれたことを感謝しています。
K.A 14才

部活中に声が出せるようになった。
友達の気持ちがわかるようになった。
人の話しがよく聞けるようになった。G.K 13才
このコースで達成したかった目標は、知らない人の前でも話すということと、積極的に手を挙げるということでした。
知らない人の前で話すということは達成しました。
手を挙げるということは、本当に自分にとって大きなことでしたが、1回しか手をあげれなかったです。でも達成したのでよかったです。
Y.N 14才
今まで友達や家族に言えていなかったことが言えたことがすごくスッキリしたし、相手ともこれまで以上に仲良く信頼出来る関係になれたことが成果です。
これからも思ったことをどんどん言い合えるようにしていこうと思えたことも成果です。
あとすごいと思ったのは、最初から結果を考え(決め)ないで、可能性を考えて行動できるようになったことです。N.M 16才
ティーンズコースに参加をして、まず家族と楽しく話せるようになりました。
特にお母さんと話すようになりました。
あと、英語の単語テストで満点がとれました!なぜかというと諦めないで勉強したからです。諦めないで頑張ったらやれるということが発見できたのでよかったです。T.H 14才

家族に普段言えないと思ったことを伝えた。 あと「いつもありがとう。愛してるよ。」
と言えてとてもよかった。
このコースに参加して本当によかった。M.Y 17才
私はティーンズコースに自分の意見を恥ずかしがらずにしっかりと発言できるようになるために参加しました。
コースに参加して3日目にやっと発言できました。発言した時、なんだかすごく
楽しかったです。
今では自主的に発言して、自分の意見を言えるようになりました。
このコースで学んだ事をこれからの人生で活かしていきたいと思います。
このコースを受けてすごく良かったです。K.N 15才
私は妹に強くあたっていたのですが、このコースを受けて自分が勝手にイライラしていたり妹のせいにしたりすることで、妹との間の親しさが失われていることに気がつきました。
これからはもっと妹と話しをしていこうと思いました。
あと、勉強面で自分の目標をみつけることができたので、このコースに参加してよかったです。
N.M 13才
 僕の家では、よく家族で話しをすることがあります。その時に家族が僕へ言うことは自分への期待だと過剰に思っていました。だから僕はその期待に応えようとして「今回のテストは○○君よりはよかった!」などと言って人と比べて優越感を得ていました。
 このコースに参加して自分がどれだけ小さなステージでプレーしているかに気づきました。
小さい世界に居続けるのも、大きい世界(色々な世界)をつくるのも自分の選択なのだとわかりました。
一度きりの人生を楽しめるだけ楽しんで、色々な世界をつくっていきたいです。N.H 14才
僕は合唱部に所属しています。
副部長ですが、部の指導はほとんど自分がやっています。
コースの後4日間の合宿がありました。 合宿中に問題が起きた時、部員の本音を
聞くことが出来ました。自分に対する文句もあったので少しショックでしたが、言ってくれて有難いと感じていました。
これから新入部員が入ってくるので、部活内でさらに深い関係をつくれたらいいと思っています。
K.K 17才

今までなんとなく感じていた息苦しさや憂うつな気持ちは、すべて他人に良く見られよう、悪く見られないようにしよう、と意識していたことに気づくことができました。
それによって毎日の生活がとても楽に感じ、ありのままの自分をみつけました。
人目を気にせずに努力していけるようになりました。
あと、今まで私が他人に対して抱いていた<ねたみ><憎しみ><劣等感>といったものはすべて自分がつくりだしたものであり、いつも勝敗にこだわっていて他人の目を気にするあまりに努力することもしなかったことに気づきました。そのことで自分の力
を出しきっていないことに対してフラストレーションがたまっていました。
自分では努力していないのに、努力した人をみてはねたんでいました。エンドレスで苦しんでいました。全部自分のつくりだした物語の中にいました。
3日間でこれらのことに気づけたのは私の人生においてとても大きなことです。
人目を気にしないでありのままの自分でやっていきます。
A.K 17才

子供たちが参加した事によって家族に可能になった事
高2の長女が受けました。
物事に対して何をしたいのかは明確であるのに、何をしたらいいのかに迷いがあるように見えました。
コースを完了してからは、自分の成し遂げたい事に対して力強く進めるようになれそうだ、と嬉しそうに話す娘をみて、とてもびっくりしました。
同時に娘自身が本当に生きたい自分の人生にパワフルに向かっていく姿がみえて、
親としては嬉しい限りです。H.N
前回のティーンズコースに中学生の息子が参加しました。今回は高校生の娘が参加しました。 息子はコース後に素直に自分自身の言葉で私に話しかけてくれるようになり、学校での失敗や、先生に叱られた話、彼女が出来た事などをシェアしてくれるようになりました。
私が彼に対して良し悪しをつけることなく話しを聞くことが出来るため、いつも彼がシェアしてくれるのだなと嬉しく思っています。
そして今回ですが、娘の芸術へのあふれる可能性にとてもワクワクしています。
これからもランドマークエデュケーションのテクノロジーを家族中に充満させ、ストレスフリー・パワフル一家を現実にしていく楽しみを得ました。S.N
<娘の為に受けさせた>と思っていたコースでしたが、終わってみると私自身に
沢山のブレークスルーがありました。
今回あらためて娘を一人の人間として尊敬し、娘は大きな人であるという事を知りました。 本当にこの娘の母親で幸せです。T.M
高校生の娘が参加しました。
家族・子供を愛していることを再認識しました。
これから私は家族・子供の応援団になります。M.T

娘 はいつまでも子供だ、心配だ、と思っていましたが、ティーンズコースから成果を得た彼女の姿を見ていて、これからは大丈夫だと信頼することができるようになりました。I.Y
17才の娘はこのコースに参加をして、自分の夢を実現するための最強の武器を手に入れました。
私の成果は、娘とのより深い関係を手に入れました。N.M
息子のコース参加は、私自身や家族の発展になりました。
息子は行動が変化し、今まで後悔・愚痴になっていたものが、楽しさと満足になっています。人間が自立するということを目の当たりにしました。
息子につられるように家族もそれぞれが自立してきています。H.M
*息子のことが心配でしかたなかったが、コース後その心配の気持ちがなくなっていた。
*息子が「これで親(両親)と同じ世界で話しができる」と言っていた。
 家族の会話の質が変わった。
*息子が朝すんなり起きるようになった。R.H
娘のコース参加から私が得た成果は、私自身が子供に対してとても強がっていて、
弱音を吐けずにいるんだということを発見したことです。
8年前に離婚し、自信がないということを誰にも言わずに気を張っていました。
娘がコースに取り組んでいる姿をみて、自分のことがとてもよくわかりました。
そしてなぜか私自身がため込んでいたものがなくなり、軽くなりました。
娘が、立派な一人の人間として存在してくれている事に本当に感謝しています。Y.S

可能性から会話できるメンバーが家族の中に増えた事、何でも言える家族として関われる事が本当にうれしいです。
あまり話さなくなった娘でしたが、止めどなく話しをしている娘を得た事が最高の成果です。K.M
3人子供がいます。3人目の娘がコースを受け終えて感じることは、いつもよりも会話が増えたことです。今までも会話がなかったわけではありませんが、色々と話しをしてくれることが嬉しいです。
顔つきがとても優しくなったと思います。K.Y
コース会場で生き生きとしている息子を見たことが成果です。
息子は一人っ子で、家にいる時はとてもおとなしい子でした。
ティーンズコースの2日目の夜に「いつもありがとう」の言葉をきっかけに、「俺は家ではお父さとお母さんに嫌われたり怒られるのがこわくて、いい子にしていたんだ。でも学校では騒いだりして、悪いこといっぱいしてた。ごめんね。」と話してくれました。
私は、子供は良い子でないと恥ずかしい。親は何をしてるんだ、と世間から言われることを恐れて、伸び伸びとした息子の良いところを認めずにいたことに気がつきました。
コースを受ける前に私が子供に望んでいたことは、「ありのままの自分で良し」をつかむことでした。今回息子の参加から、私が子供の可能性を信じていなかったことに気づかされました。
これからは子供の可能性を信じ、「ありのままの息子」を愛し、新たな親子関係を築いていきます。Y.Y
今回中1の次男が参加しました。
6年前に長男もティーンズコースを完了しているので、これで家族全員のコースが
完了しました。
いつもと同じ家・同じ家族・同じ会話にも関わらず、まったく違うスペースになりました。信頼し、勝たせあう関係というか、絆が強まったというか、うまく言い表せませんが明らかな変化です。 主人も実感している様子です。
特に兄弟の関係が目にみえて変化しました。6才違いですが、もともとケンカもない関係でしたが、兄は弟を赤ちゃん扱い・弟は何でもできるかなわない兄、という関係がシフトしました。 
本当に家族円満なことが成果です。A.K
息子との会話が増えました。今まであった息子に対する遠慮は何だったのかな?と思います。 彼が今までと同じ言葉をいっていても愛があることが実感できます。
これからの学校生活・社会生活が彼にとって明るい未来になることを確信しています。
コースのサポートをしてくれた方々にとても助けられ、背中を押していただいて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。A.T
何といっても会話がよりよいものになったことが成果です。
具体的にはお互いに力づけあえる関係になったことが、最大の成果です。
娘は末っ子のため、かまわれて育ち、私もかなりかまって育ててきました。
そんな娘から、「お母さん、コース受けてからお母さんについて見えたことがあるんだけど、お母さんって天然だったんだね!」と言われたのです!
私はこれまで肩に力を入れて完璧な母親を演じていました。そんな私が、コース後の娘の前で本当の自分をさらけ出せていたのです。
私は娘を一人の人間として信頼することができるようになりました。 また、娘は
人を力づけられる、人を承認できる大きな存在なのだ、という発見をしました。R.H
今までも子供がダメだ、とは思っていないつもりでしたが、実は、きちんと片づけが出来る子であって欲しい、積極的に人に関われるようになってほしい、とか親の希望で一方的なところから子供をみていたことに気がつきました。
ティーンズコースを完了した息子をみていると、まだはっきりと何かが変わったわけではありませんが、本当にそのままでいいし、素晴らしい、愛していると心から思えています。今は彼が自分の人生を思いっきり生きてほしいと思います。N.W


2008-2016 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.