家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


2011年3月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果
家族へのイライラがまったくなくなりました。
そして家族への愛が増したし、確認もできました。
一番の成果は、母に何でも話せるし、友達とは前よりももっと話ができるようになりました。
僕は野球をやっていますが、チームワークがうまくいっていないなと思った時に、自分が
チームの中心となって話しをすることができました。
今までやりたくても出来なかったことが、「何でもできる!!」という気持ちにかわりました。
ティーンズコースをうけて、毎日が本当に楽しく過ごせるようになりました。T.O 18才
なんとなく連絡をしなくなっていた友達と連絡をとって遊ぶことができた。
父親・母親に自分の気持ちを伝えることができた。
自分の可能性について考えることができてとてもよかった。R・I 16才
人に言いたいことが言えるようになった。
明るく楽しく人と話ができるようになった。
自分に自信がもてた。
今まで出来ないと思っていたことに挑戦できた。 N・K 15才
自分が得た成果は、初対面の人と話す時に緊張感や恥ずかしさがなくなったことです。
特に、恥ずかしいと話ができなかったけれど、今はできます。H・N 15才
前よりもストレートになった。
思ったことを口にすることができるようになった。 S・Y 13才
人間関係が良好になった。
相手に無理やり意見を合わせなくていいことを知ったので、自由に話ができるようになった。
H・M 14才

ティーンズコースを受けよかったことは、何よりも<自分>のことがよくわかったことです。
今まで自分のことはよくわかっているつもりでしたが、なんで自信がないかがわかりました。
何でもできる可能性があることを知ったのはすごい成果です。
K・M 16才
時間にメリハリをつけて勉強に集中できるようになったり、部活にやる気がわいてきて
楽しくなったりと、いいことがどんどん起こってきてビックリです。
今まであまり家族に自分のことを話さなかったけれど、話す機会を自分から作り出している
自分になっています。
これからも色々なことがたくさん起こると思うと、とってもワクワクします。
ティーンズコースを受けて本当によかったなと思います。S・A 13才
ティーンズコースに参加して得た成果は、人前で自分の言いたいことをはっきり言えたり、
素のままの自分を表現できるようになったことです。
私の夢はアメリカ(NBA)でプロバスケットボールプレイヤーになることです。
実績もないし、特別バスケが上手なわけではありませんが、ただ「なりたい!!なれる!!」
と思っています。 がんばって練習していきます!Y・S 15才
今までは親に心で思っていたことを話すことがなかったけれど、ティーンズコースがおわった
あとに話すことができたことが一番の成果です。
あと人間関係にイライラしなくなって気持ちが楽になりました。
何事にもやる気があることが大きく変わったところです。N・I 17才
色々な人がいるということを知りました。
自分はダメだ、変わっていると思ってたけれど、このままでいいんだと思いました。
コースは楽しかったです。 H・S 14才
私が得た成果は、今まで恥ずかしくてためらっていたことに取り組みはじめたことです。
そして、取り組みが自分に対して大きな成果をもたらすことを知りました。
これから他者と深く交流することができると思うし、毎日が楽しくなると思います。
T・Y 19才
すごく深刻に悩んでいたことがなくなりました。
これからは、悩むよりも行動していこうと思っています。T・M 16才
今まで出来なかったことにチャレンジするようになった。
自分に目標をたてて行動できるようになった。K・K 13才
自分から家の手伝いをするようになった。
親に感謝の気持ちを普通に言えるようになった。K・T 14才


子供たちが参加した事によって家族に可能になった事
末の息子が参加しました。
・コース後の彼は、自分のやるべきことが明確になり、家族を力づける行動をとるようになった。
・子どもとの信頼関係が深まった。
・子どもの考えている事が聞けて、安心感を得られたし、安心感を与えられた。
・子どもがコースを受けた事によって、夫婦のコミュニケーションが親密になった。
娘が参加したことにより私が得た成果は、子どもをひとりの<人>としてみることができました。
完璧な親でなくても、このままの私を子どもが承認してくれていて、お互いに言いたいことが
言えるようになりました。
恥ずかしがり屋の息子が人前で積極的に話しをしているのを見て、とても嬉しかったです。
私から息子をみる視点が変わりました。
これからの彼の人生が楽しみです。
次男が参加しました。
息子と話している時に、前よりも余裕をもって話しができるようになっているようにみえます。
表情や声を聞いていると、<自分はそのままで素晴らしい>が身についているように感じます。
これで家族全員がコースに参加したので、全員で<可能性>の話しができるようになったのが嬉しいです。
今回3兄弟の末っ子が参加しました。
親子で可能性の会話ができることが一番の幸せで、最大の成果です。
自分が歩いていく道が明確になったこと、自分を高めパワフルになれていること等など、私が
子どもに<こうなってほしいなぁ〜>の夢が叶いました。
家族全員で色々と話せるようになったこと、同じ目線にたてたことが幸せです。
彼の夢の実現のサポートを頑張れます! ありがとうございました。
今回息子がコースに参加しました。 
彼自身、多くの気づきがあったようです。友人達とのコミュニケーション、もちろん両親との関係、
そして将来について、自分で可能性をつくることができることを得たようです。
彼をみていると自信があり、行動力もついています。
これからの彼の人生が本当に楽しみです。
息子の影響もあり、私自身も彼に負けられない、彼とさらに本音の話しがしたいという気持ちに
なりました。 これは私にとって驚くべき成果になったと思います。
感激しました。 本当にありがとうございました。
今回息子が19才で参加しました。
年齢的にティーンズコースか、大人のコースか、どちらがよいか迷いましたが、結果的にはティーンのコースを選択して良かったです。
どちらかというと控えめであった彼が、ティーンズコースの中では最年長ということで、グループ全体をひっぱるリーダーという存在を意識しながらの参加となったようです。
そのことが彼にとって、とても自信につながったと思います。
このコースで何かが彼の中ではじけ、しっかり受けとめ、これからの人生で大きな成果となってくれることを期待しています。
それを家族で共有しながらお互いに高めあっていけたら最高です。
息子が自分を表現している姿をみて感動しました。
ティーンズコースのあとで家族と過ごしている時に、家族ひとりひとり全員を愛していることを
再確認しました。
子どもの参加によって、私自身が成果を得ることができました。
私が失敗をして、夫と口げんかをした時に、私は傷つかないふり、何も気にしていないふりをしていたが、息子が夫を別室によびだして「お母さんはお父さんに、大丈夫だよ、心配することないよ、って言ってほしかったんだよ」と夫にいったそうです。
夫は私のところにきて「大丈夫だよ」と言いに来てくれました。
息子が家族をサポートしてくれている、力づけてくれていることが成果です。


2008-2016 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.