家族の可能性 心からのふれあい|ランドマークエデュケーション


2010年8月のコース実施風景

参加者がつくりだしている成果

わからないことがあったら、すぐに質問するようになった。
自分の意見を言うようになった。
家族と色々話しができた。
むかつく先生に対してイライラしていたり、無視していたりしていたけれど、自分のためだと思って
それを受け入れていっぱい会話するようになった。
H.S (18歳)
僕の一番の成果は友達との関係です。
僕はある友達に対して、軽い気持ちでちょっかいをだしたり、悪口を言っていました。
前から悪いと思う気持ちはあったけれど、このティーンズコースを受けて改めて本当に
悪いなぁと実感しました。
コース後の始業式の日に、その友達とたまたま登校中に会った時、自分の気持ちを話した後に
「ごめんね」といったら「別にいいんだよ」と言ってくれました。
その時に僕は自分の気持ちを伝えるとすっきりしたし、自分と友達との関係が再確認できたような気がしました。S.K (13歳)
自分には何でもできる可能性がある、と思えたことによって、何をしたいか考えるのがとても
楽しくなった。
相手の話しをイラつきながらも最後まで聞くようになった。
弟と話しができるようになった。
自分の感情をそのままぶつけるのではなく、コントロールできることを教わった気がする。 H.M(19歳)

妹に対しての態度が変わったこと。 たとえば前は妹がすごいことをやっても何もいわなかったのに、コースの後は「すごいね」とか言えるようになったし、妹の挑発にのらなくなったことです。
母から言われたことを大体はできるようになった。 たとえば、掃除機をかける、洗濯物をとりこむ、ペットの世話をする。
机をかたづけることができた!!
M.T (14歳)
いつもイライラしていたけれど、コースが終わってからあまりイライラしなくなった。
人前でも緊張せずに話せるようになった。
色々な人と話して親しくなることができた。
ティーンズコースに参加してから毎日が楽しくなった!!T.I( 19歳)
今までの私は部活で対戦相手が自分たちより強い!!って思ったりすると、もうそこで
「負けちゃうからいっか!」ってあきらめてプレーしていたことがあった。
でもティーンズコースに参加して、見た目とか思ったことで「負け」と決めるのはダメだな、と
実感した。やってみないと分からないから、「もうムリ」って決めるのはやめようと思いました。
まずは行動!よけいなことは考えない!を心の中にいれてこれからの生活をがんばろうと
思います。
「県大会優勝!!」っていう目標は高いけれど絶対に実現させたいです。
私には「ムリなわけではない!」から全力でがんばります! A.I (13歳)

私は妹が嫌いでした。でもこのティーンズコースを受けてからは、妹への見方が変わりました。
私はただ怒っているだけではなくて妹の言い分も聞いてあげようと思えるようになりました。
でもやっぱり妹とはケンカをしてしまい、私には実力がないのかなぁと思いました。
だけど一回であきらめずにもう一度、もう一度、という気になれています。これもティーンズコースのおかげだと思っています。
私は最初このコースに行きたくない!と思っていたのに正直、とっても楽しかったです。 R.S (13歳)
このコースを受ける前は、私はあまりしゃべらないし、言いたいことがうまく言えませんでした。
でもこのコースを受けてから、前より自分の意見がしっかりと言えるようになりました。
あまりしゃべらなかった自分が知らない人とでも、ちょっと普通にしゃべることができるように
なりました。
また、自分で考えて、親に頼らずに行動できるようになりました。A.M (14歳)
以前は家族から話しかけられるだけどもイライラしたり、ムカつくことがあったけれど、このコースを
受けてからは、家族の話が素直に聞けるようになった。
すぐに物事をあきらめなくなった。
自分の食べたものとかをめんどうくさがらずに片づけるようになった。
自分から積極的に話しかけられるようになった。
完了した人と向き合ってなんでも話せるようになった。
部活のみんなに話しをする時に、どんなふうに伝えるかを考えて話しができたので、部員から
頭がよさそうなしゃべり方、とほめられた。R.F (16歳)

ティーンズコースを受けて成果があったことは2つあります。
1つ目は弟たちへの行動が変わってきたことです。弟がちょっかいをだしてくると以前の僕は
すぐにたたいたり蹴ったりしていましたが、コースの後たたいたり蹴ったりしなくなりました。
2つ目はお母さんと話す時に正直なことを言えるようになってきたことです。
以前の僕はなんか途中でうそをついていましたがコースを受けてうそをつかなくなってきました。
今の僕は「途中で断念しなくなる」という可能性を持って生きています。
ティーンズコースを受けると、自分の可能性を見つけることができて、とても楽しい人生を歩むことができますよ。Y.T (14歳)
私はティーンズコースに参加してから、たくさんの成果を得ました。
家族をはじめ、友達などに対して、今までとは違った行動をとるようになった気がします。
私は最初このコースをお母さんにすすめられて、受けるまでは正直「行くのめんどうくさい」、
「いやだな」と思ってました。 でも受け終わってからは「本当に受けてよかったな」と思いました。
コースをすすめてくれたお母さんに感謝しています。H.K (16歳)
子供たちが参加した事によって家族に可能になった事

姉が先にそして今回弟がティーンズコースに参加しました。
色々と子供に対しての親の希望、欲望はありますが、「それもよし!」そして
「そうならない子供もよし!」とできる自分がいるのはコースの成果です。
ありのままの子供たちを愛し、また自分も子供たちから愛されているという充実感。
子供たちも愛を受け取ってくれている実感があります。
これからもコースの成果は色々な形で現れると思います。
愛の中に生き続けられるという確信が今回のティーンズコースで得た最大の成果です。
今回次女が参加しました。すでに長女もティーンズコースに参加しているので、5人家族のうち小5の三女をのぞいて全員が参加しています。
私の家族に起こっていることは「当たり前に普通」です。それは、何でも話せて思いやりがあり、家族でいることが楽しいと言える。まったく自然な関係です。
我が家は笑いが絶えません。当然怒ったり、ケンカもありますがすぐに何もなかったように
仲良くしています。

今までコースをすすめても拒否していた娘が、ティーンズコースを受けて「とっても楽しかった!!」と心から言っている姿をみて、本当に受けてくれてよかったと思いました。
娘の中にはっきりと今の可能性が見えてきていて取り組んでいる様子で、嬉しく思います。
この先も可能性を信じて、自分のやりたいことにチャレンジできる人生を送って欲しい、そしてそれを信頼して応援できる親でありたいと思います。
子供がコースに参加して、今までの親子関係を見直すことができました。
子供から発信している事にも気づくことができました。 それに気づいた事により、子供の
話や行動を最後まで聞く、見守る、そしてそれらのアクションを待つことが出来るようになりました。 そのせいか、家庭が穏やかな安らげる場になった気がします。
3人の子供のうち次女がティーンズコースに参加しました。長男はすでに参加済です。
兄弟姉妹仲良くあってほしい。自分の本当にやりたいことを見つけてほしい、という願いから受けさせました。
あまり会話のなかった家族でしたが、今回の次女の参加から色々と話しました。
家族と向き合い、考えるという機会を与えてくださったことに感謝です。
主人とも深い話をすることにもなり、家族の強いつながりが、仕事等、外へ行っても
パワーになるということがわかりました。
子供にティーンズコース参加をすすめましたが、はっきりいって最初は不安がありました。
しかしコースのサポートの方々から電話や直接お会いして、温かい支援やアドバイスなどをいただき、安心して子供を参加させることができました。
今後、子供や家族とともに可能性の拡大が出来るようにコミュニケーションをとり、より実りの多い日々を送っていきたいと思います。
子供の話が聞けるようになった。
子供との会話に自由さが出てきた。いつも「あれやったか!」「だめだろー!」など
私からの一方的な会話だけでしたが、じっくり聞くことができるようになった。
そして子供も自由に話をしてくれるようになった。
いままでは子供がうまく人生をわたれるようにサポートするのが親の役目だと思っていた。でも、そのサポートは、ただ自分が子供を管理するため、自分の生活を楽にするために行動していたのだと気付いた。
コースを受けて、今は何が起こっても子供自身が決めた事を信じ、認めて、子供が達成できた時は共に喜びあえるようになった。
そしてそれが本当に素晴らしい親子関係だということに気付きました。
今回次女が参加しました。 今までは楽なほうへ、楽なほうへと行動していた娘が、コース中、頭が痛くなったり、めんどうくさいと抵抗しながらも最後まで参加できた事に嬉しく思います。 彼女の参加から、私自身が子供に自分の考えや思いを押しつけていたことがあったと気付いたことも大きな成果です。


2008-2013 c Supporters of Landmark World Wide. All rights reserved.